FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サダメとリアルの狭間

子供じゃいられない 運命

大人じゃいられない 現世

サダメとリアル


「18歳」という、もはや子供とは言いがたく、さりとて大人とも言えない。
人知れず人一倍様々なものを背負い、様々なものを被る事の多い女の子。
強気なおさげを解いた時、同時に秋月律子は何かを解き放つのだろうか・・・・・・

本当はおさげをほどくつもりは無かったのですが、「livE」を聴いているうちに描きたくなったのでつい。
いわゆる「ノンフライ」だの「覚醒律子」だの言われるおさげ解放ですが、いやはや本当に破壊力が凄い・・・・・・!
「ここぞ!」と言うとっておきの時以外描くべきものではないなと改めて実感しました(^^;

律子と言えば「しっかりものだけど実は恋に恋する女の子」というイメージが「魔法をかけて!」や「いっぱいいっぱい」などから読み取れ、また「My Best Friend」やカバーの「Sunny Day Sunday」や「1/6の夢旅人」などから「爽やかな青春群像」なども年相応に似合う素敵な女の子。
という印象が強かったのですが、「子供/大人」という複雑で難しい二面性もこの度の「livE」で見せてくれたのが非常に印象的でした。
一面だけでは捉えられない漠然とした二面性。

18歳ですものね。本当に色々とあると思います。


個人的にコータローの描く同人誌でもツッコミ、シリアス両方こなしてくれる律っちゃんには大変お世話になっておりますw

本当に良い女の子だなぁ。
結婚するなら律子だよね!

でも皆と結婚したい!


          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   みーんな俺の嫁!!
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /   
    ノ            \
  /´               ヽ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。